星を見上げて

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

サヌキロックコロシアム


  少し日が経ってしまいましたが、
  3/20のサヌキロックコロシアムのことをとを書きます。

  このイベントは、高松の瓦町にある商店街で行われます。
  この商店街には、ライブハウスがいくつかあるのですが、
  ふだんはあまり人通りのない、
  ちょっとさびれた感じの商店街なんだそうです。
  で、この商店街に人があふれたらいいな、と思った四星球の提案で
  ライブサーキットが企画されたのが 4年前。  
  DIME、オリーブホールなどのライブハウスと
  駅の地下広場を使って、
  デュークが主催して開かれます。

  毎年気になりながらも、
  行くのは今回が初めて。
  それもずいぶん迷ったのですが、
  一緒に行ってくれる友人もいたので
  初めて参加しました。

  見たいバンドは、いくつかありましたが、
  そのひとつの THE春夏秋冬は、朝の9:45から。
  そして、四星球は、2回ライブをするんですけど
  そのうちの一回はトリで、終わるのが21:00くらいの予定。

  青春18きっぷで日帰りの予定をたてていたわたしにとっては、
  大番狂わせなタイムスケジュールです。
  いろいろ検討した結果、
  行きは早朝新幹線+マリンライナー、
  帰りは、深夜フェリー、ということにしました。
  これだったら、予算もまあまあ、
  みたいバンドもしっかり見れる。

  
  そして、当日。
  初めて乗るコトデンにゆられながら
  (といっても、二駅ですが)、
  商店街に到着。
  この商店街には、ライブのある時に来たことが
  数回あるのですけど、
  確かに人は少なかったです。
  でも、この日は、ほんとに人があふれていました。

  
  まずは、地下広場で THE春夏秋冬。
  ひさしぶりに てっちゃんのドラムをしっかり見ました。
  てっちゃん、めちゃ元気やった。
  すごい活き活きとドラム叩いてた。
  シュンカの歌も、
  かわらず熱くて ほんまによかったです。
  ギターの人が、かっこよく前に出て来て弾いているのを見て
  なんであれが石くんにでけへんのやろ、と
  ちらっと思いました。


  次は、オリーブホールの四星球へ。
  ホールの前には、もう列が出来ていました。
  開場すると、あっという間に入場規制。
  いつぞやのエレファントカシマシよりも
  ずっと満員です。
  しかも、「吉野川同盟」 が始まるなり、
  めちゃモッシュ。
  ひええぇぇ・・・・。
  ここで 「フューちゃん」 歌ったんやったかな。
  その時に、
  「ぼくは音痴なんですけど、
   この歌は、ちゃんと音程が取れるんです。
   音程が取れるとこんなに気持ちが込められるんやな、と思いました。」
  と言っていました。
  それは、ほんまに素敵なことやと思います。
  でも、やすおくんの歌は、
  全部心に届きます。
  だいすきです。

   
  それから、地下広場のPAN。
  ここでJちゃんと合流しました。
  PANもよかったです。
  こういった地下広場のようなところでも、
  大き目のライブハウスでも
  ちゃんと自分たちにぴったりの大きさにして
  丁寧に真面目にライブを作り上げるPANは
  素敵だと思います。


  つぎは、DIMEのScoobie Do。
  Scoobie Doの音は、
  わたしがいつも聞いている音にくらべると
  少しおしゃれな感じがします。
  でも、ライブは男っぽい。
  そして、なにかこう、
  不器用なものの孤独と哀愁と甘美を感じます。
  はっきり言って かっこいい。
  ちょっとかっこ悪さが見えるのが
  よけいにかっこいい。
  そんなバンドだと思います。
  「夕焼けのメロディ」 は、
  そんなScoobie Doが凝縮されているようで
  胸がいっぱいになります。


  このあと、最高においしい肉うどんを食べて
  ケーキを食べて、
  ちょこっと鶴を見に行って、
  もう一度、地下広場へ。
  ミュウソネコカミを見ました。
  いいですね、このバンド。
  なんちゅうても、
  バンドそのものの勢いって言うか、
  発信してくるパワーと狂気に
  ものすごく真っ正直なものを感じます。
  西宮のバンドだそうですが、
  ああ、そういえば、
  この狂気は、
  キングブラザーズに通ずるものがあるかもしれない、と思いました。
  ギターボーカルの子は、終始さけんでました。
  MCも。


  そして、トリの四星球。
  「ゴミひろいマーチ」 で、
  泣きそうになりました。
  ああ、そう。
  やすおくんは、例の使い回しの竜に乗って登場でした。
  竜をあやつっているのは、シュンカのメンバーでした。
  せまいところなんで、
  その竜が退場する時、
  Uターン出来なくて バックで帰っていくと、
  やすおくんが、
  「竜、バックで帰るの~。」 と言ってました。
  いや、バックしか無理やろ。
 
  「Mr.cosmo」 の宇宙人は、
  きゃりーぱみゅぱみゅやって、笑いました。

  アンコールの 「ギンヤンマ」、
  ついつい勢いで突っ込んでいって、
  前におった変な、メモばっかり取ってるにいちゃんに
  お尻で弾かれました。
  腹立つ。
  そんな場所で棒立ちになんな!

  「ギンヤンマ」は、リハの時に歌ってたので
  今日は歌わへんやろとおもとったんで
  とてもうれしかったです。
  あんまりうれしくて
  ライブの後も、
  『心という字はこう書くの』 をやってて
  友人に不信がられました。
  不気味ですみません。


  はあ、疲れた。
  だって12時間やもん。
  この後は、物販に行って
  シュンカのCDを買いました。
  てっちゃんが、物販にいたので
  サインもしてもらいました。
  早朝新幹線で来て、深夜フェリーで帰ります、と言うと
  「元気ですね。」 と言われました。
  医療関係者お墨付きの元気者です。

  フェリーの時間まで夕食。
  ライオン通りとかいうところの居酒屋さんで
  あゆなめの煮付を食べました。
  たけのこの煮付も食べました。
  焼き鳥も食べました。
  すだち酒も飲みました。
  おいしかったです。

  そして、フェリー乗船。
  よく眠れました。
  三ノ宮からの阪神電車の中で夜明けを見ました。
  楽しい一日やったなあ。
  わたしやっぱり、こいういう、
  泥くさいのがすきやな。
  あ、いやいや、
  全然悪い意味やなくて
  うれしくてしかたない気持ちです、これ。

  また来年も行きたいです。



   

category: 四星球

[edit]

page top

« 妙心寺早朝拝観  |  東大付近の坂 根津裏門坂~無縁坂 »

コメント

ユッコさん

ユッコさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

サヌキロック、楽しかったですね!
もしかしたら、隣同士で盛り上がってたかも、ですね。

サヌキロックに行くのは初めてだったんですが、
ぜひまた来年も行きたいと思ってます。
おいしいもんもいっぱいあるしね。

モンバスには、過去四回行ったことがあります。
なんかのんびりしたいいフェスですよね。
今年も行きたいです。

千鳥 #- | URL | 2013/05/02 17:35 | edit

はじめまして
香川に住んでます
ネットうろうろしててたまたま拝見しました
私もだいたい同じものを同じように見てたので嬉しくなってしまいました
また来年、その前にモンバス来てください

ユッコ #- | URL | 2013/05/01 19:41 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oisinbo712.blog136.fc2.com/tb.php/266-2480ef1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。