星を見上げて

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

妙心寺早朝拝観

   
 3月31日に、
 京都の妙心寺退蔵院の早朝拝観に行ってきました。
 これは、拝観時間の前にお寺を訪れて
 ゆっくり桜やお庭をめでようという企画です。
 しかも、精進料理の朝粥付き。
 これはなかなかいいんじゃないか、と
 さっそく申込みました。
 集合は退蔵院山門前に 7:45。
 4:00起きで出かけました。

 妙心寺には、京都駅から山陰線に乗って行きました。
 大阪に住んでいると
 京都駅から山陰線に乗るということは、
 まあ、ありません。
 なので、わたしもこの日初めて
 京都駅の山陰線のホームに行きました。
 乗り場の案内板をみると
 「32番線」 になっています。
 32番線?
 京都駅、そんなようけホームあんの?
 どういうこと?
 と、不思議に思いながら、
 案内通りに行ってみますと、
 東海道本線なんかとは反対のところに
 ちょっと寂しい感じで32番線がありました。
 
  山陰戦ホーム

 これが山陰線のホームか。
 発着駅なので独特の雰囲気。
 すっかりうれしくなりました。
 10分ほどの乗車でしたが、
 車窓が とても楽しかったです。





 降りる駅は、花園駅。
 妙心寺は、ここから5分くらいでした。

花園駅





 妙心寺は、京都でも、とてもおおきなお寺です。
 でも、どういうわけだか、
 今まで訪れたことがなくて、初めてでした。
 この建物は、ありがたいお経が保管されてある経蔵。
 素晴らしい建物ですね。

仏殿




 これが、本堂である仏殿。
 立派な建物です。

経殿






  退蔵院に入る頃には、雨がかなり降ってきて
  写真を撮ることが出来ませんでした。

  お庭を通って 大休庵というところで
  朝粥をいただきました。
  これは、大休庵の壁のひょうたんの窓。
  素敵。

ひょうたん




  朝粥。

朝粥

 「阿じろ」 というミシュラン一つ星のお店のお料理。
 とてもおいしかったです。
 最後に 「ゆとう」 というお湯が配られました。
 やかんの中に
 お湯と焼きおにぎりとお塩が入っていて
 それをお椀のふたに入れてもらっていただきます。
 お寺では、この「ゆとう」 で、
 お坊さんたちが、お茶碗をきれいにして
 飲み干すのだそうです。
 修行の世界やなあ。






 食べた後、まだ少し雨が降っていましたが、
 余香苑というお庭を見に行きました。
 とても可憐で品のある、素敵なお庭でした。

余香苑1

余香苑2





 しだれ桜は、三分咲きでした。
 わたしは、満開の桜よりも
 咲きかけている桜がすきなので、
 かえってうれしかったです。

さくら1

さくら2





 余香苑には、枯山水の、
 「陽の庭」 と 「陰の庭」 があります。

 こちらは、陽の庭。

陽の庭





 そして、こちらが、陰の庭です。

陰の庭





 本堂へ行きますと、ここにも枯山水があります。
 元信の庭、というそうです。
 狩野元信が作ったお庭です。
 本堂の窓のそばにゆっくりとすわって拝見することができます。

元信の庭






 本堂の床の間。
 あまり、本堂に床の間があるのは見たことがないのですが、
 ここは、お茶席になるのかもしれないですね。

床の間

 さっき調べていて知ったのですけど、
 床の間の掛け軸は、一休さんの辞世の歌だそうです。
 「わたしは、がんばって修行してきたよ。」 というようなことが
 書いてあるそうですよ。
  

 それから、国宝の「瓢鮎図」 があるということで
 めちゃ楽しみにしていたのですが、
 レプリカでした。
 本物は、京都国立博物館にあって
 企画展の時などに見られるそうです。





 お寺のお庭に、水琴窟がありました。

水琴窟

 お寺のお庭に、水琴窟がありました。
 わたしは、水琴窟がだいすきです。
 ちょっと人に不審がられながら、
 音を録音してみました。

  水琴窟1

  水琴窟2


 どうですか。
 素敵な音色でしょう。




 退蔵院の拝観を終え、
 まだ、9:30。
 これから、あたりを散策することにします。


  

 
 
   

category: 京都

[edit]

page top

« 京都 一条通り~北野  |  サヌキロックコロシアム »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oisinbo712.blog136.fc2.com/tb.php/267-668ecb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。